スポンサーサイト

  • 2017.06.02 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    実印と銀行印は分ける必要があるか【黒部 はんこ】

    • 2012.12.06 Thursday
    • 15:32

    黒部市、入善町、朝日町、泊の印鑑屋さん はん古堂岩井印房
    店長の岩井友宏です!

    <取扱商品>

    ●実印 銀行印 認め印
    ●ゴム印 シャチハタ
    ●名刺 ハガキ 封筒
    ●ショップカード チラシ
    ●ポスター のぼり
    ●ステッカー 切り文字
    ●看板 表札


    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    JUGEMテーマ:印鑑


    最近、女性の中で実印と銀行印は一緒に使っても良いのかどうかというご質問

    を良くいただきますのであえて書かせていただきます。
     
    まず、実印というものは印鑑証明を発行するものです。

    、個人の証明をするもので、あなたが親から受け継がれる財産を守る役割を

    しています。


    次に、銀行印とは預金通帳を作成する際に必要になります。

    □これはあなたの預金通帳を守る役割をしています。


    ,亮属をもし仮に銀行印として捺印した場合、銀行で書類に捺印し

    (引落・振替や新規口座開設が必要な)その書類が外部へ流出した場

    合は実印と全く同じ効力の印鑑を他人が作成し自分に成り代わって何

    かの書類に捺印した場合(例えば借金の保証人などに)あなたが捺印

    したと見なされます。

    自分の身に覚えのないところであなたが保証人となる訳です。
     
    こうなれば、あなたの人生を狂わせかねません。

    ですので、専門家の意見としましては実印や銀行印は別々に使用され

    ると良いでしょう。

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


    黒部市、入善町、朝日町、泊、魚津市、滑川の方で印鑑を購入しよう
    と思っている方は、はん古堂岩井印房へお越し下さい。印鑑の専門家
    として、あなたのご予算をお聞きして必要な物だけをアドバイス致します。


    ■当店は、黒部市で土曜日、日曜日も営業している印鑑専門店です!
    私は地域活性化を応援する活動にも参加しております。よって土曜日、
    日曜日来店希望されるお客様は地域活動に参加している恐れもありま
    すので、大変お手数をお掛けしますが、来店前にお電話でご確認下さい。

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    実印・銀行印はお任せください
    私、店長の岩井が笑顔でお迎えいたします。


    はん古堂岩井印房

    〒938-0031 富山県黒部市三日市3262
    TEL・FAX0765522533

    スポンサーサイト

    • 2017.06.02 Friday
    • 15:32
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM