父との葛藤の記録

  • 2016.10.29 Saturday
  • 12:35

■まちゼミやってる黒部の印鑑店

■「篆刻判子が体験できて印鑑の大切さを教えます」

 

 

♡結婚をしたらまずは実印銀行印のセットを

ご夫婦揃って作ろう!
♡二十歳になったらお子さんに実印銀行印を持たせませんか?

 

当店では、まず実印とは何か…。からお伝

えさせていただきお客様にご納得いただい

てからご購入いただいております。

実印会社設立印ゴム印・ポップスタン

プ・陶芸用落款印・慶弔用の判子・価値を

伝える名刺(他封筒印刷など)

私は、地域応援の為に活動をしております。

私、
岩井友宏のこれまでの地域への取り組みです

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「父との葛藤の記録」


父は、生粋の職人です。

高校を卒業し横浜に行き専門学校では、
優秀な成績を収めておりました。月に
一度第3週目の土日に専門学校に通い
ながら平日は、神奈川の判子屋さんで
修行の日々です。

父が修行していた会社は、青山印房。
社長は、経営もしつつ印章文化を存続
させるために業界を超えて活動されて
いる方でした。今では、印鑑の文化を

次世代に繋げるために、地方から集ま
る専門学生に手彫り技術を継承してい
ます。

そんな父が行っていた会社ではまだロ
ボットがなくほぼ手彫りにて1本1本
作成していたようです。

その当時の事を父に聞いたことがあり

ます。

 

当時は、地方から集まるはんこ屋の2
代目、3代目などが同じ寮で生活し会
社から帰ってきては研修生同士で技術
を研鑽しあったりしていたようです。

 

そんな父に職人としては尊敬している
部分があるのですが、最近こんな事が
ありました。

次回につづく…。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM